令和元年度 鹿嶋市国際交流協会・鹿嶋市立中央公民館 主催「o・mo・te・na・shi 英会話講座」 

 令和元年12月8日(日),令和2年1月18日(土),2月9日(日)の計3回,30名の受講生が参加し,英会話講座を開催しました。

 この講座は,令和元年度前期市民カレッジの受講生を対象に,講座内容等に関してのアンケートを実施した際,今後受講したい講座について「英会話講座」の要望が高かった結果を受け,鹿嶋市国際交流協会と鹿嶋市立中央公民館の共催により開講したものです。

 前期市民カレッジの第3回目の講座「気持ちを伝えるおもてなし・はじめの英会話」で講師を務められた鹿嶋市国際交流協会会員の草野マリーさんを講師としてお招きし,当初の募集人数が20名のところにたくさんのお申込みをいただき,定員を10名増やし30名のみなさんに受講していただきました。

 前期市民カレッジの講座に引き続き,東京2020オリンピックサッカー競技鹿嶋市開催にむけて,様々な国からの来訪者へのコミュニケーションスキルを身につけ,ボランティアの実践活動等に役立てていくことを目的として開催しました。

 毎回講座の冒頭では,英語の歌を全員で歌い緊張感をほぐして気分の高揚をはかった後に,基礎的なリスニングのレッスン,そして様々な場を想定したロールプレイングを行いました。鹿嶋市内の地図を用いて,ゲスト役とボランティア役に分かれて道案内のロールプレイングを実施した際には,明るく楽しい雰囲気の中で,臆することなく積極的にコミュニケーションを図る様子に,受講生の英会話の上達と,オリンピックへの精力的な意気込みを感じることができました。

 残念ながら令和2年3月8日(日)に予定されていました最終回(第4回)の講座は,新型コロナウイルス感染拡大防止対策のため中止となりましたが,この講座をとおして得た語学力やおもてなしの気持ちは,今後,オリンピック開催時など様々な場面で活かされることと思います。

Translate »