はちがた米づくりについてのおしらせ

 今年度より鉢形地区の休耕田を利用した米づくりを行ってまいりました。
 鉢形小学校児童や鉢形地区在住の地域の方々のお力を借り「苗植え」と「かかしづくり」は無事終えることができました。稲もすくすく育ち、あとは稲刈りを待つばかりと思っていた矢先、9月8~9日にかけて茨城・千葉に猛威を振るった暴風雨の影響により、すべての稲が倒れてしまいました。
 農家の方々と相談したところ、できる限り早く刈り取ったほうが良いとの判断となり、9月13日・14日に、地域住民の方々のご協力をいただき、鉢形まちづくりセンター職員と共に稲刈りとおだがけ作業を行いました。子どもたちと一緒に稲刈り体験を開催する予定だったので、とても残念でした。
 9月24日には農業公社に脱穀・乾燥・もみ取り作業を依頼し、無事はちがた米ができました。
 はちがた米を使った収穫祭などイベントを行う予定です。
 詳細は後日改めてお知らせいたします。
 

Translate »