第15回鹿嶋市まちづくり市民大会

 平成30年2月4日(日),大野まちづくりセンター多目的ホールにおいて第15回鹿嶋市まちづくり市民大会が開催されました。
 オープニングアトラクションでは「いきいき茨城ゆめ国体2019」のPRとして,KASHIMAキッズダンス応援隊の皆さんに国体ダンスを披露していただきました。
 第1部では,まちづくり市民・団体表彰が行われ,日頃から市のまちづくり活動にご尽力いただいている3団体・12人に,錦織市長より表彰状が手渡されました。
 第2部では,「地域活動に求められる新たな視点と社会教育~子どもが集うまちづくり(公民館)活動を考える~」をテーマに,常盤大学総合政策学部准教授 砂子 祐年(いさご さちとし)氏に基調提案をしていただき,豊津地区まちづくり委員会 和田 勉(わだ つとむ)氏と三笠地区まちづくり委員会 市田 信道(いちだ のぶみち)氏の事例発表の後,前3名とNPO法人茨城NPOセンター・コモンズ 大野 覚(おおの さとし)事務局長,市社会教育課 箕輪 直(みのわ なおし)社会教育担当副参事 ,平井公民館 坂内 智恵美(ばんない ちえみ)主事を加えた計6名によるシンポジウムを行いました。
 大会当日は350人の市民の皆さんが参加し,子どもの居場所づくり等について学びを深めました。

Translate »