井戸端の会(新日鉄住金工場&二本松寺見学)

井戸端の会第1回は新日鉄住金鹿島製鉄所の工場見学をしました。日常生活では見られない巨大な設備で、鉄が溶かされ,延ばされ、製品になる過程を実際に見て、とても迫力があり、熱気を肌で感じられ貴重な体験となり良かったと思います。構内には信号機あり、線路あり、ガソリンスタンドや消防署まであり、工場というより一つの街といった雰囲気でした。広さは東京ドーム220個分あるそうです。そして安全への気の使い方は尋常ではないように感じました。私たちの生活に欠かせない鉄製品を作り出している皆さん、今日も明日もご安全に!
津波被害を受けた長洲地区に、盛り土による津波襲来時の一時緊急避難場所を確保するため高松地区防災公園も見学しました。高さが 7mでは低いように思うが大丈夫なのでしょうか。
潮来市の二本松寺では、個性あるたくさんのアジサイを 見ることが出来ました。ちょうど県指定文化財の本尊「薬師如来像」が25年ぶりに開帳されたので、まじまじと見ることが出来ました。とても迫力ありました。

Translate »