[波野]お正月の準備OK - ミニ門松づくり(R2.12.20)

お正月の準備ができました

波野ミニ門松づくり

12月20日(日)恒例のミニ門松づくりを行いました。今年はコロナ禍で例年のように小学校5年生の授業に組み入れての実施は「困難」と判断。折から鹿嶋市が茨城県の「新型コロナ感染拡大市町村」に指定された2週間が明けた直後のこともあり、感染対策に十分に気を付けながら、人数を制限して実施しました。

ミニ門松づくりは準備段階での材料集めが大変。11月27日に熟練したボランティアの皆さんにより、竹の切り出し・加工を行いました。そして本番までの期間中、縁起物の松、竹、梅と赤い南天の実などを準備し、しめ縄とお飾りを手分けして作成しました。

本番当日、参加者は約30名で、初めて経験する親子連れの皆さんは、熟練のシニアの皆さんの手ほどきで材料を一つひとつ丁寧に組み立てていきます。手間がかかるほど完成した感激は一入(ひとしお)です。毎年のように参加している人は慣れた手つきで、材料だけ持って帰る人も。

いよいよ完成しました!

さあ、これで新年を迎える準備が整いました。コロナ禍が続きそうですが、来年はオリンピック年。にぎやかな声が飛び交う、活気ある波野地域を是非とも取り戻したいと思います。

Translate »