第11回鹿嶋市まちづくり市民大会

第11回鹿嶋市まちづくり市民大会が,2/9(日),大野まちづくりセンター多目的ホールにて行われました。
今回の大会テーマは「魅力ある地域活動を考える~孤立しない地域社会のために~」。東日本大震災以降,日常的な地域住民同士の連帯意識やふれあいは希薄化しています。このような課題を乗り越えるための,地域の中での効果的なかかわり,活動はどうあるべきかという趣旨の大会でした。
常磐大学の池田幸也教授の基調提案の後,平川義三市区長会長の「自治会加入率向上を目指した鹿嶋市区長会」と,岡田正義ひまわり工房代表の「障がい者の出会いの場づくりと地域の関わり」の事例が発表されました。
悪天候にもかかわらず多くの参加者が会場を埋め,大会への関心の高さがうかがえました。

Translate »