今年の祭頭祭

平成29年3月9日に左方「奥野谷郷」右方「清水郷」が祭頭祭を執り行いました。当日の様子をほんの一部ですがご紹介します。

(「祭頭祭」について詳しくはこちら


【午前十時】

祝詞奏上や玉ぐし奉納などの神事のために、拝殿前に各郷の代表者の方々が参列しました。


【新発意(しぼち)】

それぞれの郷の将として先陣に立つ新発意は、5~7歳くらいの男の子が選ばれます。


【午前十二時】

いよいよ各郷が本陣から出陣しました。

一、町内を凱旋する囃子人。奥野谷郷は総勢500名・清水郷は総勢270名がお囃子に参加し、祭頭祭を盛り上げました。

二、午後三時~四時半にかけて各郷が境内に戻ってきました。

三、楼門をくぐって、拝殿前で最後に囃子人が一斉にお囃子を奉納しました。


【午後六時】

春季祭が執り行われ、来年の当番が「左方 小宮作郷 ・ 右方 高浜郷 」に決定しました。

一、午後六時。いったん本陣に帰還した各郷の代表者らが、提灯を携えて境内にやってきました。

二、万燈を打ち砕きます。

三、各郷で一年間大切に育ててきた「大豊竹(だいほうだけ)」を打ち砕き、ササラ割にしていきます。

  万燈と大豊竹を打ち砕くことで、豊作を祈願していると言われています。


【去年の祭頭祭】・平成28年3月9日の祭頭祭風景